こんにちは、支援員のしんです。僕は20~30代の頃は働く気など全くありませんでした。

やりたい仕事などないし、気分も不安定で「仕事なんて絶対ムリ」と自分で諦めていました。

10年間ほぼ引きこもりだったので無理もないです。働くまでに順序があって、まず生活サイクルを安定させるのが第一です。

そのへんをすっ飛ばして、どん底で仕事の事を考えては絶望していました。

変化のきっかけは主治医の勧めで病院のデイケアに週2日から通所するようになったこと。

そこで担当の職員さんが僕の様子を見ながら、少しずつ通所日を増やしたり色々なプログラムに誘ってくれたりして

無理の無い範囲で、場所と人に慣れていけるように調整してくれました。

5年弱の通所で少しずつ気分が安定してきて、次のステップとして就労移行支援事業所に行ってみようと思うほど自信がつきました。

今の自分は周りの支援者たちに救われた命だと感じています。だから今度は自分が支援者になって誰かの役に立ちたいと強く思いました。

具合の悪かったころの経験さえ、うまくすれば活かせるかもしれない今の仕事にとてもやりがいと可能性を感じて、楽しく勤務しています。

いま引きこもっている方、諦めるのはまだまだ早いです。思ってもみない展開が10年後に来るかもしれませんよ。

 

これは普段の作業風景です。皆で楽しくやっているのが伝わるでしょうか?見学、体験利用をご希望の方、ご連絡お待ちしております。今日はこのへんで、ではまた♪